後妻業のあらすじとネタバレ第1話~最終回まで

投稿者: | 2019年2月15日

後妻業の第1話を見た人の感想やネタバレまとめ

後妻業第一回を見て。まず第一にごってごての関西弁で話されていたので、このドラマは関西人にしか受けないだろうなあと思いました。視聴率を調べてみたらやはりそうでした。
これは、老人の死を待ちお金を儲ける手口の内容のドラマなので、見ていてあまりいい気分はしませんでしたが、主役の木村佳乃さんが面白おかしく演じていてつい引き込まれて最後まで見てしまいました。木村多江さんも出演されていて今後この二人に壮絶なバトルが有るようなのでそれが楽しみです。第一回の病院での初顔合わせ時のやりとりも漫才みたいで大変面白かったです。病院でそんな大声で喧嘩なんて実際ありえないでしょ、と突っ込みを入れながら見ていました。
あとは、泉谷しげる。いい味出していますね。最初は全く分かりませんでした。似てるけど別人のおじいちゃん俳優?と思っていました。少し太ったのでしょうか?泉谷しげるも今後楽しみです。第二話も見ます。

シリアスで怖い感じのドラマかと思いきや、コミカル調のドラマで見やすかったです。
「じいさん騙すんは功徳や。あの世に行く前にええ夢みさせてやるんやから。」一話のなかで最も印象に残ったセリフです。犯罪者の方は自分のやっていることを正当化するとは聞きますが、後妻業の方も同じですね。もちろんすべての後妻の方に当てはまる考えではないと思いますが。
後妻業の実態とは、どんな気持ちで後妻業をやっているのか、男性を虜にするテクニックなどなど、我々一般人には想像できないプロの仕事っぷりが見てみたいという気持ちにさせられます。というか、そこらへんを上手く描ければこのドラマもっと面白くなりそうだと思いました。今後の展開に期待します。

後妻業の第2話を見た人の感想やネタバレまとめ

小夜子の過去が気になります。耕造はとうとう死んでいしまいましたね。最後に小夜子が耕造を殺したのか?ちょっと疑問でした。耕造が小夜子に「ありがとう」と涙を流しているシーンがあったので、耕造は死んでしまってもしあわせだったのだと思います。今後耕造の娘たちとどのように戦っていくのか気になります。小夜子はただの悪人なのか?心優しい人間なのか?小夜子の人物像が早く知りたいです。
ドラマとしてはおもしろいのですが、実際に行ったら犯罪ですよね。小夜子の立場、娘達の立場両方の気持ちになって見てしまいます。自分の父親が小夜子のような人にもし騙されたら、自分だったらどうするか考えてしまいます。

主人公がお金に執着してるのがはっきりわかるお話でしたね。銀行が解約の確認に来たときのごまかしかたがなんとも言えないくらい上手い!すぐに葬式の相談をしちゃう図々しさもさすがですよね!ただ途中までは単純に金目あてのひどい女と見せかけつつ、最後になぜか教会でお祈りしてるのがちょっと意外。お金は欲しい、でも殺人はつらい?ならば、殺さなくてもお金をもらう方法を考えてみたらいいのにと思ってしまいました。なんで今回だけ戸籍いれずに内縁なのかなというのも気になるところ。戸籍入れた方が確実に遺産もらえそうな気がします。少し疑問に思えることが目立ったお話でしたね。お金以外にもなんか目的がありそうな感じ。

後妻業の第3話を見た人の感想やネタバレまとめ

特に印象に残ったのが亡くなった旦那たちが言っていた孤独というキーワードです。年を取って妻に先立たれることで孤独を感じている方が多いと思います。子どもが寄り付かないと余計に孤独になります。ただ、殺してくれというのは本心なのか疑問に思います。一時的なものか本当に死にたいかはわかりません。そのような言葉があったとしても殺すのは絶対にだめです。結婚相談所の所長と協力して遺産を受け取る人は許せません。現実の世界には後妻業はないと思いたいですが、このようなことを思いつく人はいるかもしれないと思いました。それぐらいお金というのは貴重だと思います。普通に働いたら1億などは手に入りません。

タイトルからすると、昼ドラのようなドロドロを想像していたのですが、武内小夜子と中瀬朋美の言い争いが、明るく漫才のようで笑えるためか、暗いドロドロ感は全くありません。木村佳乃さんの演技がぶっ飛びすぎていて、憎めないというか、むしろ、ドロドロ感がなくて、寂しいくらいです。ただ、佐藤司郎の浮気疑惑は必要でしょうか?無駄に、切なくなります。ぶっ飛んでいるように見えた小夜子も、今までのお年寄りの話を聞くと、酷いのは家族の方なのかなと、ちょっと考えさせられます。武内小夜子が、注射をして中瀬耕造を殺したと思っていましたが、実際には、小夜子は注射をしていなかった。小夜子の本当の姿が少し分かったような、それでいて、まだ謎だらけです。実は、小夜子はいい人なのではないかとさえ思います。今後、小夜子が実際はどういう思いで後妻業をしているのか、もっと分かるのかと思うと、楽しみです。

後妻業の第4話を見た人の感想やネタバレまとめ

きっと、小夜子はこういう生き方しか選べなかったのではないかと思います。
普通の家庭で育ち、普通に就職が出来て、普通に結婚して子育てをする事が出来れば、小夜子の性格はかなり変わってきたと思います。
ですが、小夜子にはそれが許されない状況だったのだと思います、
小夜子の豪快な笑いかたや、豪快な性格は、彼女の強がりな性格を表しているのではないかと思うんです。
これまで出会ってきた老人は、全て孤独だったと明美に語るシーンを思い出すと、小夜子は老人と自分の幼少期をどこか重ねて見ているのではないかと思いました。
悪女としか見えない小夜子ですが、彼女の心には、もしかしたらいつも孤独があったのかもしれません。

ついに明かされた小夜子の生い立ちがあまりにもかわいそうで同情してしまいました。博司は小夜子の弟ではなく息子という事実にも衝撃をうけました。姉だと思っていた人が母親だと気づいたら博司はショックだろうなと思います。中瀬の旦那はやっぱり浮気していたんですね。気にかけてるふりをして最低な男です。小夜子と中瀬の争いはコントのようで毎回面白いし、最終的に寂しいもの同士仲良くならないかなと思ってしまいました。泣いてる中瀬とすれ違った柏木、今回は接触がなかったですがこれから何かあるでしょうか?最後に小夜子が眺めていた通帳、稼いだ金額とは全然違った額が記されていて、大金はどこへ行ったのか?いろいろと続きが気になります。

後妻業の第5話を見た人の感想やネタバレまとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です