3年A組-今から皆さんは、人質です-のあらすじとネタバレ第1話~最終回まで

投稿者: | 2019年3月11日

3年A組-今から皆さんは、人質です-の基本情報まとめ

2019年1月から放送されている日本テレビの冬ドラマで主演は菅田将暉。ヒロイン役として永野芽郁が出演している。
卒業の日があと10日に迫っている時に教師が生徒を監禁するという学園ミステリー。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第1話を見た人の感想やネタバレまとめ

菅田将暉や若手の女優が出ていたので視聴。一話を見終わった感想として、このジャンルのドラマは最近無かったので、新鮮で良かった。まだ若手である菅田将暉があのドラマの中ではもう立派な中堅俳優。これから続きが楽しみだが、緊迫したシーンの時に流れる音楽が合ってない気がして、少し音が大きいのか、何が合ってないかはよく分からないが、気になります。ドラマ内で自殺したとされる女の子と菅田将暉との関係や、クラスの主要人物がこれからどんな展開を見せるのか楽しみです。一話で菅田将暉に殺された男の子は本当は死んでないのではないかと密かに思ってます。まだ一話とはいえ、謎が多すぎます。

自分が想像していたものより何倍もおもしろかったです。このタイミングでこんなことさせられたら怖いだろうなぁ、と自分がそのドラマの中にいるような感覚でドキドキハラハラさせられました。またキャストもとても良かったです。去年活躍した役者さんが揃っていて見ていて飽きないと思います。菅田将暉の演技も狂気じみてて引き込まれる演技でした。終始、爆弾やナイフが出てきたりしてドキッとすることもありました。また題名も引き込まれやすくなんと言ってもわかりやすい作品でした。意外だなと思うことも多々あったけど、納得させられることが多かったです。1話でこれだけ面白いので、続きに期待したいと思います。

とても印象的な第1話でした。見終わって最初に思ったのは、怖いということです。あんなに怖い作品は久々に見ました。怖いですが、面白くてドキドキします。今後どうなるのかとても気になったので、最終回まで見続けようと思いました。
そして、菅田将暉さんの演技が圧倒的でした。以前から菅田さんは演技力が高いと思っていましたが、改めて彼の凄さを実感しました。本当に凄い演技をしているので、菅田さんの演技だけでも見る価値があると思いました。録画して何度も見返したくなるくらいです。
また、生徒のキャストもとても豪華で、今後が期待できる人たちばかりでした。この中から将来の大スターが出てくれたらいいなと思いました。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第2話を見た人の感想やネタバレまとめ

先生が1クラス全員の生徒を人質にして立てこもるという、あり得ない話で発想が良いと思いました。
そして、このタイプの話は、場所の動きが無いので退屈になりがちなのですが、このドラマはとても面白く出来ていると思います。
それは主演の菅田将暉さんやキャストの力でもあるのかもしれません。
生徒1人自殺したことはすごく大きい事件ですが、その為にここまで大がかりな事をやる必要が有るのかな、とは思うのですが、まだまだ柊一颯の狙いがクリアではないので何か大きな秘密が隠されているのかと期待しています。
澪奈は、水泳部のスターで人気者だったのにドーピング疑惑くらいで同級生皆からイジメなんて起こるのか不思議に思いました。スターをやっかむ人は確かに居るとは思うのですが、疑惑の段階で、いきなり全員からバッシングはないかと思いましたが。
澪奈は皆が一目置く状態のスターすぎて本当の友達が居なかったのは可哀想だと思いました。
さくらは友達として付き合っていたけれど、澪奈に対して雲の上の人のような扱いをしていたし、香帆は有名人である事を理由に近づいただけだと知ったときはショックだったと思います。
そして反対に香帆はそういう気持ちも持ちながらも、澪奈を友達と思っていたので、澪奈が避ける事にショックを受け、それが怒りに変わってSNS投稿なんかしまったのだと思います。
澪奈はスター選手だったのに友達もいなくて、とても孤独な人だったのですね。
ただ水泳って言う特別な才能が有るのだから、そんな嫌な学校なんてやめてしまえば良いだけだったと思うので、自殺したことがとても悔しいです。
それを柊が助けられなかった事で、柊はこんな事件を起こしたのかも、と頭をふと過りました。
これからもっと澪奈や柊、3年A組生徒の秘密が出て来るのかと思うと毎週楽しみです。

この作品の魅力は一重に主演の菅田将暉のキャラクターにあると感じています。柊一颯は温厚で口数の少ない控えめな美術教師で生徒達からもからかわれるほど無害な人物という印象を冒頭私たち視聴者は受け取ります。
しかし序盤から物語は一変し、校内を爆破する柊の手によって3年A組の生徒は閉じ込められてしまうのです。爆破という手段をいとも簡単に躊躇いなく実行していく柊のサイコパスな一面、クラスメートの死をテーマに謎解きをさせていく意図、現在第2話まで放送され明らかにされた過去と柊の恋人の存在。私たちは柊が亡くなった女生徒の為に涙するシーンで、彼の教師としての熱い想いに感銘を受けるとともに、容赦なく罰を下していく彼の残虐な行動と叫びに震え上がることでしょう。
要所要所で菅田将暉の演技力が光る今回ドラマですが、私が一番感動した場面は柊の笑いの場面です。柔和な笑みから、狂気を含んだ笑み、裏があると感じさせる意図を含んだ笑みなど彼の演技の幅にはいつも感動を隠しきれません。立ち居振る舞いからも、元アクション俳優というキャラクターの特性を活かした身体能力、彼自身も元仮面ライダーという経験をふんだんに盛り込んだ生徒とのバトルシーンは見応え充分です。また、彼を取り巻く3年A組の生徒たちの個性、想い、体育倉庫で見守る教職員警察の面々もなかなかの曲者揃い。すべての演者たちの化学反応がどう起きるのか、これから楽しみな冬ドラマの1つと言えるでしょう。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第3話を見た人の感想やネタバレまとめ

衝撃?の事実が発覚してますます4話以降が楽しみ

3話にして早くも、ラストに犠牲者がみんな生きていた!という事実発覚!これからこの死んだはずの犠牲者達が一体どうするのか?どういう行動にでるのか?柊が彼らに殺さなかった事をどう説明するのか?・・・も楽しみになってきました。すでに中尾は柊の協力者になってる?もしかして、内通者・・・?などの憶測もしてしまいます。
怖いけどカッコいい柊がもっと見たかったけど、生徒たちも豪華キャストなので、彼らの菅田将暉くん演じる柊に対抗する演技もクローズアップされてきた事で、今後の期待がさらに高まってきました。
あと、五十嵐がどうして柊の協力者になったのか?フェイク・ビデオ撮影を里見にそそのかしたり、編集したりした人物は誰なのか?も気になるところです。3話は元・同僚教師の婚約者の話があまり出てこなかったので、そちらも4話以降に期待!

菅田将暉の演技、気迫がすごい

生徒に犯人を探させる方法から、刑事さんに探させる方法にチェンジしたところがマンネリ化せずに見ることができてよかったです。菅田将暉さんと一対一の演技対決に勝てる若手俳優さんがまだ出てきていないのが残念ですが、菅田さんが素晴らしい気力、圧を出してくれているので、心が動かされます。生徒の中に共犯者がいるというところが、面白くて、誰が共犯なのかを探すのが個人的に楽しかったです。頭の回転が早く、用意周到な先生なので、どこまで考えて行動しているのか、ワクワクするし、怖さからゾクゾクしました。生徒たちの怯えようからも緊迫した雰囲気が伝わるし、やはり先生は生徒たちを殺していなかったことがわかって、先がとても楽しみになりました。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第4話を見た人の感想やネタバレまとめ

自殺した景山の死の背景にあった真相を探るため、柊の授業が続きます。誰が景山のフェイク画像を撮ることを指示したのか、それを言わなければまた10人の人質の命がないと脅します。パニックでお互い疑心暗鬼になる生徒たちですが、その中でさくらが一人あることに気づき始めます。校舎の階下から人の声が聞こえたような気がして、今まで殺されたはずの生徒たちは、実は生きているのではないかと思います。今まで孤軍奮闘していた柊を、さくらたち数人の生徒が助けるきっかけになればいいのですが。そんな時、柊が突然倒れてしまいます。校舎の外の世界と繋がっていないようで繋がっているこの状況が、事態打開のためにどのように展開していくのでしょうか。

これまでの過去に何があって今に至るという流れもありつつ、甲斐と柊のタイマンで格闘するシーンがメインだったのが印象的でした。
前回まで何度か複数人で柊に挑むシーンがあり、その時でも勝てなかったのになぜ甲斐はタイマンで勝負をして勝てると思ったのか少し不思議でした。頭に血がのぼった状態なら分かりますが、今回の甲斐の本当はそこまで悪い奴じゃないという性格が分かる時に挑むという演出は自分でも負けると思いながら挑みに行ったのだろうか。
負けて本当の事を話して楽になりたかったという演出なら納得できるものはありますが少し伝わりにくいと思いました。
片寄さんの演技もそこまで上手な方ではないと思いますが、今回のラスト辺りの泣きながら本当の事を言うシーンはグッとくるものがあり、よかったと思います。次回以降での演技も期待したいです。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第5話を見た人の感想やネタバレまとめ

今回もドキドキしながら見ていました。菅田将暉さんの演技がとても良かったです。それだけではなく、今田美桜さんの演技も光っており、彼女が泣くシーンでは私も涙を流してしまいました。
柊は病気のため、残された時間が少なくなってきています。今回の話で、生徒たちは柊に協力することになりました。そして、黒幕が教師たちの中にいることも分かりました。今後、ストーリーがどのように展開されるのか楽しみになってきました。ワクワクが止まりません。柊と生徒たちがどのように関わっていくのでしょうか。そして、柊は最後はどうなってしまうのでしょうか。ドキドキしながら見守っていきたいと思います。

第1章の終焉となる5話目。柊一楓によって生徒が殺されてないっていう事実を他の生徒が知ってしまってからは、緊張感がなくなってしまった気がします。そして今田美桜演じる諏訪唯月の話も案外あっさり。ただ、今まで性格の悪いお嬢様役だった今田美桜が泣きの演技で一人の健気な少女だって理解できたような会でしたね。だからこそもっと彼女の話が見たかったと思いました。ちょっと残念。そして生徒たちの演技も残念。もう少し緊迫感が欲しいのにただ怒鳴ってるだけってなっちゃってましたね。菅田将暉とか演技派が出てて、シリアスな話だからこそ浮き彫りになりますね。
そして、今まで生徒の中から犯人探しをしてましたが第2章からは教員にフォーカスされます。
ますます展開が楽しみです。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第6話を見た人の感想やネタバレまとめ

菅田将暉さんの演技がもうすごい圧で、こちらも怖くなって涙が止まりませんでした。ネット社会であり、今の日本で軽い気持ちで撮った動画を軽い気持ちでネットに乗っけて、炎上したりする行為、そのものを表していて、菅田将暉さんの言葉がずしっと心に刺さりました。今の日本の若者は、人の気持ちを考えて行動をすることができなくて、どんどん廃れていっていて、ばかなことをしている人たちにぜひこのドラマを見て考えて欲しいなと思いました。信じる信じないゲームを仕掛けてきたこと自体が、人が考えて感じて生きているかを試しているようで、突然永野さんがメガネをかけたときは、なんなのかと思ったが、腑に落ちました。

今回は顧客リストの魁皇高校教師を探る回。水越の話を聞いて坪井先生が悪者に思えていましたが、真実を知ってびっくり。先生も心が痛かっただろうなって思うとすごく泣けました。と同時に私も水越同様全然本質を捉えられていなかったことに反省しました。柊一颯のセリフが本当に毎回心にささります。結局坪井先生は悪者じゃなく犯人はまさかの武智先生。あからさますぎてないだろうと思っていたからびっくりしました。あと個人的には相楽孝彦が教師とつながって真の黒幕だと思っていたのですが、今回の感じを見ると柊一颯派の人間だったみたいだし、最後はとにかく驚きの連続でした。次回もとても楽しみです。

どう見ても頭の中が混乱してしまいました、水泳部顧問が生徒を自殺に追い込んだと推測されるストーリーとセクハラとパワハラを受けていたと生徒が疑うなど見え見えのストーリーです。
しかもSNSを利用してセクハラの動画を流すように迫ることこれは脅迫罪だ!しかし辞めさせた原因は彼女の病気だと。なぜみんなに公表しないのだ、それが分らんことです。学校の先生が脅すことしか思いつかんとは情けないです。今いじめ問題でも学校の先生の対応が問題視されてますが何をしてよいか分らん先生がいるのでしょう。
しかしいかなる理由があろうとも学校の聖域である教室を爆薬で爆破するとは考えられません、責任の放棄としか思えませんでした。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第7話を見た人の感想やネタバレまとめ

今回は何と言っても、武智先生が犯人なのかどうかが、前回から気になるところでした。どのように、柊先生が彼を追い詰めて行くのかなと思っていましたが、追い詰め方は意外に単純なものでした。影山玲奈と映っていた動画も、生徒の画像解析で、簡単にわかるレベルで、警察には分からなかったのかなと思いました。でも、このドラマの面白いところは、柊先生のストレートな言葉だと思います。今回では、生徒を自分の都合の良いものとしか見ていない武智先生に、「生徒はものじゃない。もろくて未完成な人間なので、三歩先しか見えてないような人間なのだから、寄り添ってもっと先を一緒考えて行くものだ。」という言葉が感動しました。それを見た、推薦がなくなり失望した生徒が、希望を持つ姿が感動的でした。

先週第6話のラストで犯人は武智先生です。と柊先生が言った瞬間から来週は武智先生(田辺誠一)の変貌があるのかと思っていましたが、欲深く、闇が深い存在で生徒を商品価値とまで言い放つ姿は期待どうりに悪い先生でした。又お金、権力を振りかざすいかにもという政治家の登場で教育の場を子供たちを利用する悪い大人たちに腹立たしい思いになりました。(ああいう政治家役の俳優さんって本当にぴったりのイメージの人をキャステングするのはすごいです)気になったのは委員長が何か言いかけたときに柊先生が黙って最後まで見届けろと言ったことです。何かをまだ知っているのか、気づいたのか?もしかして景山澪奈生きている?と想像を膨らましてみたり、来週からはきっとあの黒幕退治に入るのかなと思いながら1週間が待ち遠しいです。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第8話を見た人の感想やネタバレまとめ

このドラマを初回から拝見していますが、毎回奥が深く常に見入ってしまいます。第8話の先生と生徒との約束は『グッ クルッ パッ』でした。今まではサクラが主導になり常に先生の言葉を真摯に受け止め周りの行動を動かしてきていました。私自身さくらは素直にレイナの死の原因を探すためだと単純に思っていました。
しかし、今回の回を境にあれ?と思う部分が多々ありました。今回サクラはほとんどの行動をクラスの中ではなく、先生の身近で過ごしていました。他の生徒が翻弄される中サクラはクラスにおらず、他の生徒達がきちんと周りや相手の事を考え真剣に向き合おうとしていました。誰に言われることもなく、ここ数日の先生の授業により、自発的に考え、衝動的な行動を互いに抑えるというシーンもありました。
先生の想いをしっかり受け継いだ瞬間を見たとき私も自然と涙が出ました。相手が真剣に向き合えば、ちゃんと返してくれる。一人一人にしっかり刻まれてるんだと思いました。ここ数年学生への虐待だなどと騒がれてる為、このような少し過激なドラマは減ってしまっていましたが、私はこのドラマを拝見し、まだまだテレビ界も捨てたもんじゃないなと思いました。自分自身の普段の仕事や関わり方が深くリンクし、今後の仕事にも活かせると思いました。人との関わりの暖かさや重要性、感性を大事にしていこうと改めて思いました。

せっかく先生と生徒たちの心が通じ合ったのに、動画をきっかけに生徒たちが先生を信じられなくなるのではないか、と不安になりましたが、先生に頼らずとも自分たちで道を模索する生徒たちの姿を見て、先生同様目頭が熱くなりました。
また、SATが学校に侵入して生徒たちを救おうとしていましたが、先生の授業が終わるまでそっとしておいて欲しいです。警察も大きな秘密を抱えているようなので、それが何なのかとても気になります。警察の上役が先生の行動を助けているようにも見えますが、いつどうやって、警察は先生の意図を知ったのでしょうか。そして何故、犯罪とも言える先生の行動を支援しているのでしょうか。
一番心配なのは先生の体です。「命をかけている」と言っていましたが、先生には死んでほしくないですし、事件が終わった後に何らかの形で救われて欲しいと思います。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第9話を見た人の感想やネタバレまとめ

毎回楽しませてくれるこの作品ですが、今回もとても面白かったです。柊が真相を全て話した場面では驚きました。大事なところで無音になったのです。そのため、何を言っているのか分かりませんでした。これは、読唇術で理解せよという意味ではありません。柊がよく言っているように、『Let`s think』ということなのだと思います。視聴者に、自分の頭で考えることを求めているのです。SNSのことなど、現代社会とリンクさせているこの作品は、重要な問いを社会に投げ掛けていると思いました。
次回で最終回となりますが、どんな結末になるのかとても楽しみです。ただ感動したとかだけではなく、しっかりと何かを学び取りたいと思います。

3年A組のみんなの数年後の姿がすごく予想通りだったり意外だったりで面白かったです。
特に須賀くんを追いかけまくって結局付き合っちゃったはなちゃんがもう最高すぎます。
本当に良いキャラですよね。
あれだけ何度も諦めずに追いかけられたら、ほとんどの男はもういいよ、分かったよと言ってしまうのではないでしょうか。
柊先生が最後に、どんな話をしてくれるのかというのが早く観たくてたまりません。
自分がこのままだと世間から麗奈を殺した犯人と思われてしまったままになるのに、そこまでして何がしたかったのかものすごく気になってしまいます。
麗奈は何で、死んでしまったのか。
フェイク動画は単なるきっかけだったのかなとか勝手に想像してしまいます。
柊先生は死を前にしたからこそだろうけど毎回、すごい生徒へのメッセージが泣けます。

3年A組-今から皆さんは、人質です-の第10話(最終回)を見た人の感想やネタバレまとめ

一体何のために生徒達を人質にとり教師があんな事をしたのか…その答えが今回やっと分かり心がスッとしました。
また、永野芽郁がずっと隠していた秘密を打ち明ける件では、実は永野芽郁が凄い悪い奴だったらショックと思ってましたが最後までピュアで良い子だったのが嬉しかった。
あとは、菅田将暉が永野芽郁の前で自殺しそうになったときは本当にハラハラしてしまいました。だって永野芽郁は既に1人の自殺を目の前で見せられているのに、必死で喰い止めようとしている先生の死ぬところまで見せられたら本当に立ち直れないよ〜頼む死なないでくれ!と、眼鏡を外したら本気じゃないという合図のことも忘れてテレビの前で祈ってました。

澪奈が自殺した理由が全て判明した時、私は澪奈に感情移入して辛くなって泣きそうになりました。高校生である彼女が自分の中で色々と抱え込んで友人のさくらにも相談できない状態だったのだと考えると余計に辛くなりました。
一颯は澪奈を殺したのはSNSの人々だと言いましたが、この話を聞いて私自身も「知らず知らずのうちに誰かを傷つけてきたかも知れない」と反省してしまいました。
私は30代で生徒はおろか一颯よりも年上ですが、今後は全ての人に優しく接する事が出来るようになりたいとこの物語を通じて感じるようになりました。
一颯役の菅田将暉さんを始め、さくら役の永野芽郁さんなどの俳優さん達の演技力も特に光った最終回だったなと感じましたね。それぞれの役柄が抱えた気持ちが最終回でよく分かったので。
一颯のように生徒と本気で命がけで向き合うような先生はなかなかいないでしょうけれど、このような先生が増えればグレる中高生も減っていくのかなって思いました。
自殺をした同級生の真相を追究するという非常に重たい物語ではありましたが、最後の同窓会のシーンで同級生達が楽しそうにしている姿を見たらここまでずっとこのドラマを見てきてよかったなと感じました。
今後も同じようなテーマのドラマがあったら是非観たいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です